今日はFXをする上で欠かせない、「分析」についてお話ししようと思います。

 

2種類の分析

FXトレードを行う際には、様々な方法を使ってこれから先の為替相場を予測していきます。そのときに使われる分析方法は、「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の2つに分けられます。

当たり前のように使われているこの言葉。始めたばかりの人にとっては、何のことやらさっぱりかもしれません。

この2つの分析方法の違いを紐解いていきますね。

 

ファンダメンタルズ(fundamentals)分析とは

ファンダメンタルズは日本語に訳しますと、「経済の基礎的条件」となります。この経済の基礎的条件というのは各国の経済活動の状況を示す指標や景気のこと。国の健全性がどのようなレベルで保たれているのかをはかるものになります。

為替相場の大まかなトレンドはファンダメンタルズによって左右されるので、ファンダメンタルズ分析は為替相場の大きな流れをつかむのに役立つ分析方法です。

株においてのファンダメンタルズ分析は、一企業の売上高や経常利益と言った指標をもとに企業を分析してその後の株価を予想するものですが、FXの場合はその国の通貨に対し影響を与える指標が対象になります。

代表的なものとしては、政策金利・CPI・貿易収支・住宅系指標・GDP・失業率などがあげられます。

はじめはこのような聞きなれない言葉は難しいと思ってしまう人もいるでしょう。

でもFXのトレードをするのであれば、為替相場が代表的な指標でどのように動くのか、実際の値動きと指標結果を照らし合わせてみながら、少しづつでも理解を深めて行くとよいと思います。

 

テクニカル(Technical)分析とは

実際の指標結果などから先の為替相場を予想するファンダメンタルズ分析に対して、テクニカル分析は、チャートや市場での取引高の統計などからこの先の為替相場を予想・分析する方法です。

皆さんが想像するような、移動平均線やRCIなどのテクニカル指標を使用することだけがテクニカル分析と言えるのではなく、過去の値動きがグラフ化されたチャートから現在のレートを見て、安値圏だから買う、高値圏だから売る、などと売買のタイミングを見計らうことも、テクニカル分析といえます。

FX業者によってテクニカル指標のチャートや数値などに個性があり、それぞれ様々な工夫がされています。

複数のFX業者のチャートを見比べてみて、自分の使いやすいチャートを探してみるのもよいのではないでしょうか。

 

テクニカル指標はざっくり2種類

テクニカル指標には、大きく分けると「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」の2つがあります。

トレンド系指標は、現在の相場の方向性を分析するために使われます。移動平均線が代表的なもので、順張り(相場の流れが出ている方向に合わせたタイミングで入ること)のトレードに適しているイメージです。基本は値動きそのものを表すローソク足などに重ねて表示されます。

例)移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表など

オシレーター系指標は相場の強弱を表す指標の一つで、相場の値動き、価格の水準ではなく、買われすぎ・売られすぎを判断材料にします。基本チャートの下部分に表示させることが多いです。売買のタイミングを見るために使います。

  • 売られすぎたら買われる
  • 買われすぎたら売られる

どちらかと言うと逆張り(相場の流れに逆らう形で入ること)に適したテクニカルと言えるでしょう。

オシレーターとは振り子の意味です。振り子のように行ったり来たりするグラフで書かれるのでこのように呼ばれています。

例)MACD・RSI・ストキャスティクス・RCIなど

 

まとめ

今日はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、またその種類についてお話ししました。

ファンダメンタルズ分析で中長期的な目線を作り、テクニカル分析でエントリーのタイミングをはかる。といったような使い方が一般的と言われていますが、両方ともを見慣れていくことで、自分に合った方法がみつかるのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ