今日はローソク足にそっくり。でも性質が違う「平均足」について書いていきますね。

 

平均足って?

平均足を表示させると、
ローソク足では陰線だったところが陽線になっていたりと、
陽線だったところが陰線になっていたりと、トレンドは同じなのに線の色が違っています。

また、ローソク足ほどヒゲが長くなかったり、窓が開かなかったり、と、
ローソク足と見た目は似ていますが、異なる性質を持つのが平均足です。

ローソク足は始値、終値、高値、安値の4つの値を使って表されます。
平均足は一本目と二本目以降の計算方法が異なり、かなり複雑な計算になります。

覚える必要はありませんが参考程度に書いてみます。

・平均足1本目

始値の出し方=前の足の始値+高値+安値+終値÷4
終値の出し方=1本目の始値+高値+安値+終値÷4

・平均足2本目

始値の出し方=1本目の始値+終値÷4
終値の出し方=2本目の始値+高値+安値+終値÷4

といった流れで次の足へと続いていきます。

 

トレンドがわかりやすい平均足

ローソク足はトレンドが発生していても、陽線と陰線が入り混じることがすくなくありません。
しかし平均足は上昇トレンドになると陽線が連続し、下降トレンドになると陰線が連続します。

このような性質を持っているのでトレンドの方向性がわかりやすいところが平均足の魅力です。

陽線が連続し始めたら買いが有効で、陰線が連続し始めたら売りが有効とシンプルでわかりやすいテクニカルです。

平均足のかたち

相場にトレンドがないときは上下にヒゲが伸びて、トレンドがはっきりしているときは実体が長くなるという特徴があります。

上下にヒゲが伸びている平均足が徐々に実体のある平均足となり、
その実体が大きくなっていって、徐々にヒゲが伸びてくる平均足になる
のようにトレンドの発生から終わりを推測できます。

 

まとめ

平均足の魅力はトレンドがわかりやすいというところですが、
レンジ相場が続いているときはローソク足とあまりかわらないかたちとなります。

トレンドを意識しすぎて流れが出てきた方向に乗っていったらレンジ内にもどってしまって損切り。
これはトレンドに乗ろうとした時の損切りのパターンですが、結局のところ損切りが大切になってきます。

平均足を使ったトレードをする際は、例えば

「陽線の連続(何本目) → 買いでエントリー → 十字線、陰線が現れたら手仕舞い」

「実体が少ない時はエントリーしない」

「トレンドに対して逆張りをするとき、反対の色(上昇の場合は陰線出現・下降の場合は陽線出現)が出るまで待つ」

などのように、自分のルールをしっかり決めて使用するとよいですね。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ