FXは「売り」からも取引できる

FXは「買い」だけでなく「売り」から取引ができるのが特徴です。

FXを始めたとき、「買い」から注文して「売り」の利益確定は納得できても、「売り」から注文をして「買い」の利益確定は、どうしてもうまくイメージできませんでした。

例をあげて説明していきます。

 

「買い」の注文から入って「売る」という利益確定をすること

日常生活のなかで、何かを買ってそれを売ることは想像しやすいと思います。

  • 例えば商品を安く仕入れて高く売る
  • 株を買って株価が上がったら売る

など、基本的な経済活動の一つです。イメージがしやすいですよね。

1米ドルが100円のときに1万米ドル(100万円相当)を買ったとします。

1米ドルが101円のときに売りの利益確定をすると、1万米ドルは101万円相当ですから、差益は1万円。つまり1万円の利益となります。

逆に1米ドル99円に下がってしまった時に売りの利益確定をすると、1万米ドルは99万円相当ですから、1万円の損失となります。いわゆる損切りですね。

 

「売り」の注文から入って「買う」という利益確定をすること

それでは、日常生活の中で、何かを売ってそれを買う、というのは想像できるでしょうか?

ん?持ってない何かを売って? それを買う? なんのこっちゃ?と、一瞬頭がこんがらかったりしないでしょうか。

この頭がこんがらかる部分、ここが実はFXの大きな魅力となっているのです。

FXにはレバレッジというものが効かせられますので、例えば10万円を口座に入れて、レバレッジ25倍で取引をすると、250万円相当の外貨取引が可能になります。

証拠金10万円を担保に10万円の25倍となる250万円を借りてそれを元手に取引ができるのですが、(レバレッジさまさまですね)FXでは日本円だけではなく、日本円相当分の外貨も借りて取引をすることができるのです。

1米ドルが100円だとしたら、その時に、250万円分の日本円だけではなく、25万ドルの米ドルを借りることができるわけですね。なので、これから値が下がるだろう、と考えた時には、次のような流れで取り引きが成り立っていきます。

1米ドルが100円のときに1万米ドル(100万円相当)を借りて、それをまず売ります。(借りたものをすぐ売るイメージ)と、100万円の日本円が手元に入ってきます。

ドルが思った通り値を下げて、99円になります。

借りた1万米ドルを返すために、持っている日本円でドルをまた買います。値を下げていますので、この時に1万米ドルを買うには99万円で済みますね。

この差額1万円が、利益として手元に残るわけです。

これが、売りから入って買いで利益確定をするという取り引きのイメージです。

実際には借金というか、そういうことを出来る権利を得ている、みたいな状況ですので、本当に借りているわけではないので安心してくださいね。

 

どんなタイミングでも取り引き可能

証拠金があれば円からでも、米ドルからでも、FX業者が扱っている通貨から取引ができるので、「買い」からも「売り」からもできるのです。

外貨預金の場合、外貨を預け入れたときより円安に動かないと利益を出すことはできませんが、FXの場合は、「買い」からも「売り」からも取り引きを始めることができるため、円高・円安どちらの局面も狙った取引が可能です。

どんなタイミングでも、取引のチャンスにすることが出来る、というわけですね。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ