FXには便利な注文方法が3つあります。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

FXの基本的な注文方法「成行」「指値」「逆指値」

以上の3つの注文は株式取引でも使われる注文方法ですが、これからお話しする3つの注文

  • IFD(イフ・ダン)注文
  • OCO(オー・シー・オー)注文
  • IFO(アイ・エフ・オー)注文

は、FXならではの注文方法です。

IFD注文OCO注文、IFO注文は2つの注文を同時にできる便利な注文方法です。これを使いこなすことがFXの醍醐味のひとつといっても良いかもしれません。

 

IFD注文とは

IFD注文は「if done(もし約定したら)の略です。

新規注文と決済注文を同時に行い、新規注文か約定したら次に決済注文が約定するという流れです。そのため、新規注文が約定されなければ、決済注文は有効にはなりません。

IFD注文のメリットは、新規注文と決済注文を同時に行えるため、発注してしまえば、新規注文と決済注文を見ていないときに自動的に約定できてしまうことです。

デメリットは、新規注文が約定された後、相場が予想と反した動きをしたときに、決済注文(利益確定の注文)が約定されないで損失が大きくなる可能性がある点です。

このデメリットを解消するためには決済注文を逆指値注文(ストップ注文)として注文することです。そうすることで相場が予想と反した動きをしたとき、損失は自分の中の最小限に収めて、予想通りに相場が動いたときにはさらに利益を伸ばせるかもしれません。

例えば1米ドル=100円のときに、

101.円に売りの新規注文、101.50円に決済注文といったかたちでIFD注文を入れると、101.50円で損切り、101円から下がったら利益が出るというように狙いが作れます。

他にも

  • 101円に買いの新規注文、100.50円に決済注文
  • 99円に買いの新規注文、98.50円に決済注文
  • 99円に売りの新規注文、99.50円に決済注文

といったIFD注文の例をあげることができます。

この場合、決済注文はすべて損切りにしています。もちろん各々の戦略で決済注文を利益確定にもできますが、IFD注文のデメリットを補うためには、損切りを入れておくことは大切です。

 

OCO注文とは

OCO注文は「one cancels the other(どちらかの注文が約定したら、もう一方の注文をキャンセル)」の略です。

OCO注文はポジションを持っているときに行うことができる注文で、そのポジションの指値注文、逆指値注文を同時に出す注文です。指値注文、逆指値注文のどちらかが約定されたら、もう一方の注文はキャンセルされます。

ここまでのレートになったら利益確定したいけど、ここまでのレートになったら損切りしたい、と考えたときに便利な注文です。

例えば1米ドル=100円の買いポジションを持っていたとします。

このときに利益確定と損切りの注文が同時に出せるので、101円に利益確定の指値注文、99円に損切りの逆指値注文といったように注文をいれることをOCO注文と呼びます。

逆に100円の売りポジションをもっている場合、99円に指値注文、101円に逆指値注文といったようにOCO注文を入れることができます。

OCO注文のメリットはポジションを持っているときに指値、逆指値の両方の注文ができることです。

 

IFO注文とは

IFD注文はIFDOCO注文の略で、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

IFD注文は新規注文と指値、逆指値注文を同時に行うことができます。

IFD注文と同様に新規注文が約定されなければ決済注文は実行されません。

新規注文の約定後、予想と反した相場の動きになっても損切りができて、予想通りの相場の動きになれば利益確定ができるので、相場が動いているのがリアルタイムで見ることができなくても取引ができる注文方法です。

例えば1米ドル=100円のときに、

  • 101円に売りの新規注文
  • 100円に利益確定の指値注文
  • 101.50円に損切りの逆指値注文

といったようにIFO注文をいれておけば、101円にならなければ新規注文は約定されませんし、約定されても指値、逆指値注文が入っているので、自動的に取引を行えます。

 

様々な注文方法のまとめ

FXの注文方法は全部で6つになります。

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. 逆指値注文
  4. IFD注文
  5. OCO注文
  6. IFO注文

それぞれのメリット、デメリットを考えたとき有効的なトレード方法は、

  • 相場を見られるときに成行注文で新規注文、決済注文を行う
  • 成行注文でポジションを持ったときにOCO注文を入れる
  • 相場を見られないときにIFO注文をいれる

個人的にこの3つがリスクの少ないトレード方法だと思います。すべて自分で損切りを設定できるので大きな損失を避けることができます。

自分のライフスタイルややりやすい方法を考えながら参考にしてみてください。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ