専業主婦だった私がFXを始めた時、一番最初に口座に入れた金額は60000円でした。

2009年、レバレッジ200倍の時代です。

だからといって何枚持てるー、などの意識もなく、
ただ漠然とデフォルト設定の1万通貨の取り引きをポチッとし、
4日後に8000円ほどの利益を手に入れて、それ以来味を占めて毎日相場とかかわってきたわけですが、

これは行ける!と思った時に100万円の増資をし、5枚から20枚の取り引きをするようになりました。

その100万円はもとからあったお金ではなく、
叔母のマンションの売却のお手伝いをした時にもらったお金で、
突発的な臨時収入でした。

これが無ければ増資はおそらくできなかったでしょう。

あの時の100万円が無かったら、
やっとこさっとこ増やし、原資を引いた10万円ほどで丁寧にトレードを続けるしかなかったわけですが、

10万円で3000円損切り、とか、悲しいんですよね。

100万円のうちの3000円なら悲しくないのですが、
10万円のうちの3000円は痛い。

損切りをしたらもう、喪失感のかたまりになってしまいます。

だからといって損切りをしないで塩漬けをしてしまったら、
お金なくなっちゃうかもしれません。

じゃあ3000円切りましょ、と潔く切って、さあ取り返すぞ、と思ったら
相場が凪いでしまって取れない。

やっと動いた相場には乗り逃してしまう。

何とか入れて20銭伸びたからあと少し、と思ったら反転して建値決済。

どつぼ。

10万円のうちの3000円って、そういう存在なんです。

10万円を増やしていくんだ、と決めた方には、
増資ができないかを確認した後、どうしても増資が出来ないのなら、
「FX一筋になりすぎないこと」を提案するようにしています。

会社員なら仕事をしっかり頑張り、FXはサブに。

起業しているなら、自分の商品を売るために記事の一つでも書く。

主婦ならお金に変えられるものが無いかを再確認。

3000円損切りして、すぐ取り返せればいいけどできなくて、
ひと相場終わって目の前の相場が凪いでいるのにやたら躍起になるよりも、
違うところから3000円作り出してみましょうよ。

というお話なんです。

今はネットが普及して
個人単位でも商品を売ることが簡単にできるようになりました。

フリマアプリのメルカリなんて、私の感触では一番楽にお金が作れるアプリだと思います。
不用品や手作り品などがお金に変わります。
仕入れたものを売ることも簡単。
身近な人間が売り上げベースで月に30万円、とかまさにこの目で見ましたしね。
(会員サロンの方では初心者メルカリガイドも配布しています)

手先の器用な方はこんなアプリもあるんですね↓



ココナラ。名前可愛い。

これからの時期入園入学グッズなども需要が出てまいります。
手作り品というのはやはり味があるものですから、
こういうサイトを利用する方は多いかもしれません。

今日見つけたので紹介してみました♪

FXを10万円ほどの資金から増やしていこうと思ったら、
しっかり資金が増えてくるまでは、このような副収入も併用していくのがメンタル的にとても楽だと思います。

初期のころ、アフィリも頑張ってやっていましたけど、
今思えばあれもかなり勉強になりました。

100万円になったらまた違うやりかたがありますからね。

区別していきましょうね。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

この記事を書いた人

Etsuko Masuda
Etsuko Masuda
私は2009年にFXを始めました。
最初はキャッシュバック狙いでしたが楽しくなり、増資をして月に40万円を達成。ただその中には塩漬けもあり、東日本大震災の暴落で大きなお金を失くします。FXを続けるかどうかの岐路に立たされた時したことは、チャートから余計なテクニカルを消したことでした。
余計なものが何もないチャートで慎重にトレードを再開し、利益を手にできた時、FXを続けていく自信ができました。そして「トレード回数を増やすのではなく無駄なトレードを徹底排除」のスタイルになってからは1日に回数を重ねなくても利益が確保できるようになりました。
FXを始めて7年。肩の力を抜いてトレードができている自分が大好きです。「肩の力を抜いても取れる」「むしろ抜いたほうが取れる」
そんなトレードを、このサイトでお伝えできればいいなと思っています。