ローソク足の動き方で値動きを予想する

ローソク足の動きでどんなトレンドが生まれるのか予想する動き方
「ダブルボトム」
「ダブルトップ」
「三角持ち合い」
と呼ばれるパターンがあります。
FXをやっている人には知られている形なので、覚えておくとそのパターンが来た時にこうなるんじゃないのかと予測できる一つの方法となるので、覚えておくと役にたつと思います。

ダブルボトムとは

ダブルボトムはローソク足の動き方がアルファベットのWのような形になることをいいます。
下落してきたローソク足が安値をつけた後に上昇し、そこから下落して先ほどの安値に近づいてきたら上昇するパターンです。
直近安値が注目され、そこを割って下落しなければ上がる可能性が高いのではないのかという考え方です。
逆に直近安値が割られて下落してしまった場合はダブルボトムの形は崩れてしまっているので買い目線ではなくなります。
直近安値で買いポジションをもったときに、その安値が割れ始めたら損切りを考えた方が賢明です。

ダブルトップとは

ダブルトップはローソク足の動き方かアルファベットのMのような形になることをいいます。
先ほどお話しした「ダブルボトム」の逆の形になります。
上昇してきたローソク足が高値をつけた後に上昇し、そこから上昇して先ほどの高値に近づいてきたら下落するパターンです。
「ダブルボトム」とは逆の形なので、
直近高値が意識されるポイントとなり、その高値を超えてしまったらダブルトップの形は崩れてしまったこととなりますので損切りを考えましょう。

三角持ち合いとは

三角持ち合いとはチャートの高値と高値を結んだラインと、安値と安値を結んだラインが三角形になるパターンです。
この三角形の中を狙っていくのではなく、三角形の頂点付近で上下どちらかの方向へローソク足が突き抜けると、その突き抜けた方向へトレンドが発生する可能性が高くなります。
三角持ち合いの形が現れ始めると、見ている人は上下どちらに動くのか見守っていて、その方向へ動き始めたらみんなそこへついていくようなイメージです。
そういった意味から三角持ち合いはローソク足が突き抜けるまでパワーをためているようなものなので、突き抜けるまでの時間が長ければ長いほどトレンドが発生したときの勢いが強くなる傾向があります。
 まとめ
  • ダブルボトム
  • ダブルトップ
  • 三角持ち合い

ローソク足の形から分析して利益を狙う形は、パターンが決まっているだけに損切りのポイントも決めやすいという利点もあります。

入口と出口。利益も損切りも出口を作るという意味では同じです。

わかりやすいパターンとしてエントリーをするだけではなく、しっかり出口も見据えてトレードしていきましょう

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ