レバレッジ取引を知る

FXの魅力のひとつでもあるレバレッジ取引。レバレッジをかけると少ない金額でも大きな金額を動かすことができます。

しかし、その特性を理解していないと大きな損失を被ることになりかねません。

今回は少ない資金を担保にして大きな資金を運用する「レバレッジ」について書いていきます。

1ドル=100円のとき、1万米ドルを外貨預金しようと思ったら100万円が必要になります。FXであればレバレッジをかけることで1倍から25倍相当の取引を行うことができます。

 

10万円で25倍のレバレッジをかければ、

10万円×25=250万円

 

1ドルが100円なので、

250万÷100=25000

となり25000ドルの取引ができるようになります。

しかし、少ない金額で大きな金額を動かせるメリットの裏には必ずリスクが潜んでいることを忘れてはいけません。

 

レバレッジが高いほどハイリターン

1ドル=100円のときに10万円の証拠金でレバレッジ1倍、レバレッジ25倍の取引を比較してみます。

レバレッジ1倍の場合

10万円×1=10万円
10万÷100=1000

となり1000ドル(1000通貨)の取引ができます。

レバレッジ25倍の場合、

10万円×25=250万円
250万÷100=25000

となり25000ドル(25000通貨)の取引ができます。

1ドル=100円のときに買って、円安が進み1ドル=105円になったとします。

レバレッジ1倍の場合
1000ドル×105=10万5千円となり、
利益は5千円となります。

レバレッジ25倍の場合
25000ドル×105=262万5千円となり、
利益は12万5千円となります。

この計算からもわかる通り、10万円という同じ証拠金でもレバレッジをかけることで多額の利益を得ることができます。相場が自分の思った方に動いたときは、レバレッジをかけているほどハイリターンということになります。

 

レバレッジが高いほどハイリスク

先ほどの例は思惑通りに動いた場合でしたが、今度は損失の例をあげます。

1ドル=100円のときに買って、円高が進み1ドル=95円になったとします。

レバレッジ1倍の場合

1000ドル×95=9万5千円となり、損失は5千円になります。

レバレッジ25倍の場合

25000ドル×95=237万5千円となり、損失は12万5千円になります。

レバレッジ25倍の場合の損失額がもともと預けていた証拠金10万円を超えてしまっています。FX業者によって異なりますが、1ドル=95円になる前に「強制ロスカット」が執行されます。

証拠金維持率が50%を切ったら、強制ロスカットになるFX業者で取引していたとします。

証拠金は10万円なので

10万円×0.5(50%)=5万円となり

損失が5万円をオーバーしたら強制ロスカットです。

5万円÷2万5千ドル=2円となり

1ドル=100円から2円以上、つまり98円からさらに円高が進んだら強制ロスカットされることになります。

レバレッジが高いということはハイリスクということも知っておきましょう。

 

レバレッジのまとめ

レバレッジが高いということはハイリスク、ハイリターンと書いてきましたが、人によっては考え方はまちまちです。

リスクを恐れてレバレッジをきかせなければ利益はなかなか増えません。

レバレッジ25倍の取引でも、ちゃんと許容の範囲内のストップ注文(損切り)を入れておけば強制ロスカットにあうことはまずないことですし、ハイリスクとはいえません。

現在はレバレッジ規制があり、レバレッジの上限は25倍と定められています。

しかし、それ以前はレバレッジ規制がなかったため、何百倍とレバレッジが利かせることのできるFX業者がたくさんあありました。

少ない資金で何百倍ものレバレッジをかけて放置していたらすぐに強制ロスカットにあってしまって資金を失う人が多くいたのでしょうか。

やはり行きつくところはレバレッジをかけても、かけなくてもストップ注文をいれることがリスク回避ということだと思います。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ